ご挨拶

主催者挨拶

日本における国際切手展は、郵便創業100年に当たる1971年に開催して以降、10年おきに開催されており、6回目となる2021年は横浜で開催いたします。

会場は、外国郵便発祥の地である横浜市の臨海部に広がる「横浜みなとみらい21」エリアに位置し、日本最大級の複合コンベンションセンターである「パシフィコ横浜」です。

日本国際切手展2021は、「郵便150年 新たな可能性へ。」を開催テーマに、世界の郵趣コレクションの展示及び各種イベントを通じて、「日本における郵便・郵趣の普及」と「郵趣を通じた文化交流及び国際親善」を図るとともに、2021年は郵便創業150周年に当たることから、「郵便」が紡いできた歴史・文化、紡いでいく未来(可能性)を広く皆さまにお伝えすることを目的に開催いたします。

先人たちが築いてきた郵便の仕組みやサービスに加え、いま、新たなチャレンジ、新しい「ユウビン」がはじまります。

世界各国の郵趣家をはじめとした多くの方々に会場にご来場いただき、世界有数の優れた競争作品とともに、時代を超え、明日へつながっていく新しい「ユウビン」の思いを感じていただけるよう、心から願ってやみません。

2020年4月1日

日本国際切手展2021組織委員会