郵便創業150年特別展示

郵便配達の今と昔

ポストに入れた手紙は、郵便配達員の手で郵便局へ、

郵便局から郵便局へ、そして宛先へ。

「想い」を届けるしくみと心は、150年前も今も変わりません。

【主な展示内容】

  • 郵便ポストの変遷:木製の箱から、鉄製の赤くて丸いポストへ、そして現在につづく角型へ
  • 郵便をになう人と仕事:明治・大正の制服や携帯品、当時の郵便事情を描いた絵図・絵巻など
  • 輸送手段の変遷:人車や馬車から鉄道、自動車へ。そしてロボット、ドローンによる近未来の配送へ

暮らしの中の郵便

うれしいときも、悲しいときも、そして恋するときも、

郵便は「想い」を届ける大役を担ってきました。

通信手段が多様化したいま、「想い」を伝える郵便の力があらためて見直されています。

【主な展示内容】

  • 季節と手紙:最初の年賀切手、お年玉つき年賀はがき、最初の特等賞品「高級ミシン」の実物など
  • 時代と手紙:ブームとなった紀念絵はがき、軍事郵便、双六に見る暮らしと郵便のかかわりなど
  • 手紙の道具:「矢立」「状箱」「硯箱」などの道具や錦絵を通して垣間見る江戸時代の手紙の世界

切手は社会を映す鏡

郵便のはじまりとともに登場した切手。

そのデザインは、世の中の動きなども題材に、多様な広がりをみせています。

単なる郵便料金の証だけにとどまらない、その独特な美の世界は「小さな美術館」とも呼ばれます。

【主な展示内容】

  • 社会のあゆみと切手:最初の切手「竜文切手」から、切手を通して見る150年の社会のあゆみ
  • 切手をつくる:切手製造技術の変遷。高度成長期と現代の切手デザイン室を再現比較
  • 多様な切手の世界:テーマ別に見る切手、特殊加工切手、普通切手など多彩で奥深い切手の世界
  1. A

    郵便創業150年特別展示

  2. B

    国内切手商ブース、海外切手商ブース、海外郵政ブース

  3. C

    競争出品・非競争出品展示

  4. D

    ゆうびんde自由研究・作品コンテスト2021

  5. E

    エンタメブース

  6. F

    文具マルシェブース

  7. G

    協力出展ブース

  8. H

    コートオブオナー・皇室展示

  9. I

    郵便局臨時出張所

  10. J

    郵便局体験コーナー

  11. K

    クイズラリー景品交換所

  12. L

    インフォメーション

  13. M

    ポケモンブース